旅犬

たびわんこ

レジーナリゾートの旧軽井沢と御影用水、どっち? ~悩んだらこれ見て決めよう!~

こんにちは!

寒い日が続きますが
我が家の愛犬、凜・宙は
小さくてもさすが
ダブルコート仕様の日本犬。

夏に見せたダレ犬の姿は幻、
といわんばかりに
寒さは全く気にせず走り回っています。


このしっかり着こんだ毛皮を脱ぐ今春は
抜け毛の嵐となることが
すでに予想され…。
働き者のロボット掃除機にも、
いい加減に職場放棄されるかも
しれません。


さて今回は
人気のレジーナリゾートの中でも
軽井沢にある2施設

について、
どっちがどう違うのか、お話しします。

 

軽井沢のレジーナリゾートに
泊まってみたいけど
どちらにしようか
おすすめが分からなくて
迷っている子羊さん、
まずは下記のリストにある
ご自身が気になる項目から
チェックしてみては?

 

食事は、和食派?洋食派?


ここに明確なこだわりのある方は即決!

レジーナリゾート旧軽井沢は和食
(写真上)、
レジーナリゾート軽井沢御影用水は洋食
(写真下)
です。


むしろ全国のレジーナリゾートで
洋食を食べられるのは現在、
軽井沢御影用水だけ。

そして近年、冬季(毎年1月もしくは2月)の
一定期間のみ、旧軽井沢もしくは御影用水で
和洋折衷コースが楽しめる期間があります。
(2023年はレジーナリゾート旧軽井沢が
1/19~1/21
レジーナリゾート軽井沢御影用水が
1/22~1/28)


過去のメニュー例


我が家も初年度から毎年伺っていましたが、
和食・洋食どちらも同コース内で
いただけるチャンスは
この短いキャンペーン期間中しかないので、
なかなか貴重ですよ。


旅行中の過ごし方は、
ホテル中心にのんびり派?
あちこち観光派?


軽井沢といえば、
アウトレットがあったり、
食べ歩きやお土産が楽しめる通りが
あったり、
オシャレな飲食店や建物があったり…
いろんな楽しみ方がありますよね。

犬にとっても、
ハイキングが楽しめたり
カフェでお茶できたり
いつもと違う日常が味わるエリアです。


ここまで読んで、もしあなたが
「そうそう、行ったら
アレもコレもしたいな」
と思われたなら、
旧軽井沢をおすすめします。

レジーナリゾート旧軽井沢は
軽井沢駅から車で10分ほどの距離にあり、
軽井沢駅からの送迎もしてもらえるので
新幹線で行かれる方にも便利。

(周辺に駐車場のない)有名な観光地
でもある雲場池にも、お散歩がてら
訪れることができます。


一方、レジーナリゾート軽井沢
御影用水は、最寄り駅が軽井沢ではなく、
軽井沢駅でしなの鉄道に乗り換えて
15分ほど乗車した先の御代田駅になります。

そのため「軽井沢のガイドブックに
載ってるような場所で
観光やランチを楽しみたい」
のであれば、それらにはちょっと
アクセスしにくくなります。

ただこちらの方が街から離れている分、
周辺がとても静か。
その名の通り、穏やかに水が流れる
御影用水に面しているため、
ちょっとそこまでのお散歩道に困りません。
(旧軽井沢の施設前の道路は歩道が狭く、
車の通行量もそれなりにあるので注意)


お部屋の窓から見える景色も
広々とした用水のほとりを眺められ、
テラスにハンモックもありますので、
ホテルでゆらゆらゆったり過ごすタイプの
方には、御影用水がおすすめです。

 

バリアフリーにこだわる?


ヒトも犬も、階段が苦手になることが
ありますよね。
基本的にレジーナリゾートは
バリアフリー視点で考えられた
施設なのですが、一部だけ例外が。

それが、旧軽井沢の1階客室
ガーデンスーペリア、
ガーデンデラックス、ガーデンスイート

のお部屋です。

上記のお部屋には造りの都合上、
室内に段差50cm、3段の階段があります。
我が家にもシニア犬がいましたが、
晩年は足が少し悪くなったので
階段の昇降は避けるようにしていました。

超小型犬やダックスフントの皆さまにも
あまり好ましくないかもしれませんので
もしバリアフリーにこだわりたい場合は
旧軽井沢は1階なら
ガーデンモデレート一択、
2階は全室OK、
御影用水なら全室OKです。
(いずれも車いすが乗れるサイズの
エレベーター完備)

ドッグランは芝生派?ウッドチップ派?


こちらは愛犬目線。

ウチの愛犬凜は、子犬の頃
ウッドチップのドッグランが苦手でした。
小さな足ではどうしても
走りにくかったようです。

今は体も大きくなり慣れたので平気ですが、
やはりドッグランが芝生だと
より喜びます。


なので芝生派の子には御影用水
がおすすめです。

御影用水のドッグランは、
1階のお部屋付きの
プライベートドッグラン、
共用のドッグランともに
芝生敷になっています。

また、共用のドッグランが広く
全犬種用と小・中型犬に分けられているので
小さなワンコさんも安心。


御影用水のプライベートドッグラン


御影用水の共用ドッグラン


旧軽井沢のドッグランは、
プライベートドッグラン、共用ともに
ウッドチップです。
一方こちらは足が汚れにくいという
メリットがありますので、
ワンコさんと飼い主さんの好みによって
選ばれてよいかと思います。


旧軽井沢のプライベートドッグラン


ちなみに愛犬用メニューは
各施設ごとに少しずつ違います。
旧軽井沢の方が素材活かし系、
御影用水の方がテリーヌがあったり
少しフレンチ意識系、
といった感じでしょうか。


こちらは旧軽井沢の信州鮭を使ったメニュー

あなたの愛犬さんはどちらがお好みか、
反応も楽しみですね。

 

さて、レジーナリゾートの
軽井沢にある2施設の違いを
チェックポイント式に書き出してみました。

宿泊費的にもこの2施設は大差がないので
どちらを選ぶか迷ってしまいますが、
実際泊まってみると、
上記のような違いを感じます。

どちらにもそれぞれの魅力がありますので、
旧軽井沢と御影用水、
どちらも泊まってみるのが
結局一番のおすすめかも?

ではまた次の旅先か、
新しい記事でお会いしましょう!

 

 

軽井沢方面のワンコと泊まれる宿の記事はこちら
👇👇👇

 

レジーナリゾート関連の記事はこちら
👇👇👇👇👇👇👇👇

 

 

⭐旅犬(たびわんこ)公式SNS⭐

気まぐれながらも更新中
お暇なら、来てよね~♪

■Twitter
https://twitter.com/tabiwanko_

■Instagram
https://www.instagram.com/mameshiba_rin.sora


■TikTok
https://www.tiktok.com/@tabiwanko_